規格について

  • HOME
  • 規格について

JIS規格

 

JIS規格の商品はコチラJIS(日本工業規格)とは工業標準化法に基づき制定される日本の国家規格です。ヘルメットのJIS規格である「日本工業規格,乗車用ヘルメット」は、日本工業標準調査会の調査審議を経て平成19年3月に「新しいJIS規格」へと改正され、そのテスト方法は国際基準に則った方法に変わりました。警察、医者、通産省、各安全協会に関係する専門家たちにより持ち寄られた意見をもとに安全性能に対する規格を定め、適合商品をJISマークによって認定しています。

※注 (排気量125cc以下用と排気量無制限の2種があります)

 

 

 

SNELL規格

 

スネル記念財団は非営利的機関として組織されました。この財団の特徴は利益のためでなく、人々の安全のために活動している点にあり、「レースに参加する人だけでなく、すべてのユーザーを対象とした最高の規格を設定し、その規格に適合しているヘルメットか適合していないヘルメットかを識別する有効な手段をユーザーに提供する」というポリシーのもとに運営されています。また、スネル記念財団の定めるSNELL規格は「約5年毎に規格が見直され、その度に厳しくなる」という、他の規格では見られない特徴を持っています。これは「最大可能な防護こそ、望ましい最終的なゴールである」という前提の下、「テスト条件を設定する際にも、最もシビアな条件を採用する」というフィロソフィー(原理)に則ったものです。

 

MFJ公認・JAF公認

MFJ(財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会)およびJAF(社団法人日本自動車連盟)は、競技者の安全に寄与する事を目的に、競技用ヘルメットの公認に関しての規定を定めています。公式レースに出場する場合、MFJ、JAF等の公認レースの車検時「公認シール」がヘルメットに貼られていないとレース出場資格を得る事ができません。

 

アライ規格

アライヘルメットには「アライ規格」という独自の自社規格があります。これは最も厳しいと言われるSNELL規格よりもさらに厳しい条件で設定されており、このアライ規格に通ったヘルメットはSNELL規格の審査を確実にクリアできる内容になっています。SNELL規格品として販売するアライ製品には全て適用されており、レース用、一般用を問わず安全性能を厳しく追及したうえで出荷されています。